今日のめでたい。カレンダー。

昨日、キッチンの壁にA2サイズの大きな紙を貼った。

四隅をしっかり画鋲で固定した。

それは、10年分のカレンダーだ。

2018年スタートで、2027年まで書いてある。

私はいつも、頭の中でぐるぐる先のことを考える癖があって、

そのたび2000何十年が、、、と計算するのが大変になったので、

いっそのこと10年分書いてあるカレンダーがあるのならと買ったわけだ。

 

これで、我が家の今年のカレンダーは三つ目になった。

主人が言った「またカレンダー買ったの?」

 

一つ目は何の変哲もないシンプルなA4のカレンダー。

紙でできていて、日付の下に5行ほどメモ書きができる。

二つ目はホワイトボード式のA3のカレンダー。

大きくて、書きやすく消しやすいので、

ちょっとした思い付きなどツラツラ~っと書くことができる。

そして今回の10年カレンダー。

大切なイベントが控えている月は蛍光ペンでぐるりと囲った。

 

これらはすべてキッチンに貼ってある。

どうやらキッチンにいる時が、

一番長くカレンダーを見つめられると気づいたから。

そして、これら三つのカレンダーはそれぞれ役目が違うため、

別々の場所に貼ることは出来ず、

みんなキッチンで片寄せあっている状態である。

 

時計でも、手帳でも、カレンダーでも、

見るる回数が多いほど、

時間に追われているとも捉えられるが、

どちらかというと、

時間を追っている、と捉えたい。