今日のめでたい、クリスマス。

今朝もいつも通り4時に目覚ましが鳴ったが、
いつもと違ったのは異様な寒さだった。
そしてとても静かなことだった。

窓の外は、やっぱり。
雪がしんしんと降っていた。

もう少しでクリスマス。
ホワイトクリスマスになったら素敵だけど、
現実的には、やっかいな事ばかり起こるかも。

道路は凍って渋滞なったり、
電車はとっても混んでたり。
せっかくオシャレして出かけても、
靴がびしょびしょになっちゃったりして。
なんか、大変なことだらけ。

でも、
クリスマスでウキウキした街中や、
おごそかに過ごしている田舎町、
いつものスーパーや帰り道が、
白く染まっていく景色には、
普段とはまったく違う、
神聖な美しさを感じると思う。

幼い頃、
クリスマスシーズンと言えば、
BSでよくクリスマス系のアニメがやっていて、
好んで見ていた。

誰もが知ってる「スノーマン」
最後、スノーマンが溶けて男の子が悲しむシーンには、
感情移入しすぎて胸が締め付けられたっけ。

これはアニメでは無いが、
「やかまし村の子供たち」という映画。
この映画の中で出てくるクリスマスの映像は、
大人になった今でも忘れていないほど、
インパクトが強かった。

私の大好きな「赤毛のアン」でも、
クリスマスの話があり、
馬車に揺れる鈴の音や、
クリスマスコンサートを開く内容など、
とっても楽しんで見たのを覚えている。

国よって、色んな過ごし方、
色んな文化があると知った。

そして、
クリスマスってこんなに素敵なんだ、
世界共通で幸せな1日なんだと、
子供の頃にはっきり分かった。